現場応用新技術講習会

地上型3Dレーザースキャナーの講習会に参加してきました。
トプコン・ライカ・リーグルの3社の機器についてデモを見ることができました。機器の操作は大したことはなさそうですが、精度が欲しい時は経験が必要そうです。スキャナーだけではなく、光波と併用しなければならない現場がほとんどでしょう。
一番の問題は価格です。
本体+後処理ソフト+3Dアプリ数種類+定期点検 でかなりの金額になります。弊社の業務内容では稼働率が低くなるため導入は難しそうです。

協力会社にレーザースキャナーの業務委託が可能なので、必要に応じて作業の切り分けで考えていくのがよさそうです。i-Constructionの動向では導入を迫られることになるのかもしれません。

工事用トータルステーション

レンタル用に各メーカーの光波をいろいろ調べてみました。昔と比べて 弊社のシステムに合わせて使うような機能を絞り込んだ機種が少なくなっています。いろいろなソフト等が組み込まれていますので中途半端に購入価格があがってしまいます。従来通りのメーカーと簡単に決めることもできず、選定が難しいです。